歯周病

歯周病の最大の原因は、細菌です。歯に付着するプラーク(ネバネバしたもの)の中に存在する細菌や、細菌の出す物質により、歯肉や歯を支える骨(歯槽骨)に攻撃を始めます。
体も防戦しますが、細菌の力が勝ると、炎症が強くなってきます。
歯垢はやがて、硬くなり歯石となります。こうなるともう歯ブラシでは取れなくなります。
歯肉炎、歯周病は痛みもなく始まり、気が付いたころには進行していることが、多いです。

絵が動かないときは再読込してください
歯肉炎 歯に付いた歯垢(プラーク)、歯石は、歯肉の炎症を引き起こします。
歯ブラシや歯石除去で治ります。
軽度歯周炎 炎症が進むと、歯を支える骨が溶け始め、歯周ポケットが出来てきます。
中等度歯周炎 炎症がさらに進むと、膿が出たり、出血したりします。また、歯根の部分にまで歯石が付着します。
重度歯周炎 歯を支える骨が大きくなくなり、歯がぐらつき、咬むことが困難になります。
歯がなくなったらのページへ


Arita Dental Clinic
検査のいろいろ
歯周ポケット
歯周病の検査のひとつにポケット検査があります。歯周病にになって出来た、歯と歯ぐきの隙間の深さを調べます。
歯の動揺度
歯の動きを調べます。歯周病で、骨に影響が出てくると、歯がぐらついてきます。
出血の度合い
歯周病が進むと、ポケットから容易に出血が起こり、また膿が出てきます。
レントゲン写真 歯の全体のレントゲン写真をとり、歯槽骨の状態を調べます。

 原因と予防 

歯周病の原因として次のものがあります。
  • 歯垢(プラーク)
  • 歯石
  • 悪い歯並び
  • 歯ぐきとの境目にある虫歯
  • 合っていない詰め物や、冠
  • 糖尿病や血液の病気など
  • 口呼吸
  • 歯ぎしり
  • タバコ
  • ストレス などなど
歯垢の中は細菌でいっぱいです。と言うより細菌の集まりがプラークなのです。細菌が作り出す毒素によって炎症が起こり、歯周ポケットの中では細菌から体を守ろうとする細胞と細菌が戦って、それによってその戦場である歯周ポケットの中や、周りの歯ぐきを破壊していくのです。
(ここで言う細菌は虫歯菌とは異なります。)
ザラザラした歯石の周囲や、虫歯、不適合な充填物は、プラークの最適な、たまり場所となります。


予防は
  • 毎日のブラッシング(プラークコントロール)
  • 定期的な検診
  • 歯石除去
  • 虫歯や不適合冠の治療
  • 規則正しい生活&食生活
  • 砂糖の摂取制限

 

まず大事なのが、歯ブラシです。
歯肉と歯の境目に軽く毛先を当て、軽く振動させながら前後に動かします。出来れば鏡を見ながら、きちんと境目に当たっているのを確認して、動かしましょう。
歯磨き粉をいっぱいつけて、スキッとしたから綺麗になったって思っちゃだめですよ。磨いているのと磨けているのはまったく違うんです。
歯磨き粉をつけないで磨いてみてください、本当にスキッとなるのには、時間がかかるのがわかると思います。
歯石除去(スケーリング) ルートプレーニング

歯面に付着したプラークや、石灰化した歯石を専用の器具(手用スケーラーや、超音波スケーラー等)で歯面から除去します。
これは免許をもった歯科衛生士、及びドクターが行います。
痛むときには麻酔も必要なことがあります。(麻酔はもちろんドクターがします)
治療後、知覚過敏になったり、歯が伸びたような感じになることもありますが、心配いりません。ドクター、歯科衛生士の説明を聞かれてください。
失った骨(歯槽骨)を再生させる試み


Arita Dental Clinic
進行した歯周病、重度歯周病に対しては、歯周外科、組織誘導再生法(GTR,GBR)、エムドゲイン(エナメルマトリックスによる治療)など最先端の治療も行っております。気軽にご相談ください。

イラストの転載はご遠慮ください(有田歯科医院)

診療案内へ

トップページへもどる